化粧水

無印、ファンケル、肌研(ハダラボ)・・・人気のプチプラ美白化粧水!使用感の違いは?

比較無印良品・肌研(ハダラボ)・ファンケル・・どれも広く知られているブランドです♡手に入りやすく、価格もそんなに高くないので「使ったことあるある!」という人も多いのではないでしょうか?
今回はこの3商品を実際に試し、どのような違いがあるのか、どんな人に向いているかを検証しました。

imageファンケル
無添加ホワイトニング化粧液Ⅱしっとり
30ml/1,836円(税込)
美白1ヵ月実感セット:1,830円(税込)
ファンケル/専門店舗・公式オンラインショップ
→ファンケル公式オンラインショップ

◆特徴
・美白成分:ビタミンC・2ーグルコシド
・保湿成分;トウキンセンカエキスと、レープフルーツエキス
・無添加/弱酸性/製造月日入り
・サラサラ+少しまろみがあり、柔らかい付け心地

 

〔この商品は販売終了しています。〕

image無印良品
敏感肌用 薬用美白化粧水
200ml/1,333円(税抜)
無印良品/店舗・ネットストア
→無印良品公式オンラインショップ

◆特徴
・美白成分:ビタミンC、ビタミンE誘導体
・整肌成分:カロット液汁(人参根エキス)、アンズ果汁
・無香料/無着色/無鉱物油
・水のようなさらっとした付け心地

 

image肌研
白潤 薬用美白化粧水
170ml/オープン価格
ロート製薬 株式会社/ドラッグストア
→肌研公式オンラインショップ

◆特徴
・美白成分:高純度アルブチン
・保湿成分:ヒアルロン酸Na、ナノ化ヒアルロン酸
・無香料/無着色/無鉱物油/アルコールフリー
・ちょうどいいまろみがあり、ベタベタした付け心地

image

 

◆どんな人向き?
敏感肌さんにはNo.1 ファンケル
No.2 無印良品
No.3 肌研
どれも無香料や弱酸性など敏感肌向きの化粧水ですが、ファンケルは密閉された状態で届く・説明書とフレッシュシール(=開封日を記入できる)が同封されているなど一番品質管理がされていて、成分や鮮度を気にする方にも安心して使えます。
使い心地で言うと、無印良品が水のようなテクスチャーでクセや刺激がなく好印象!
肌研は保湿力があり、乾燥が気になる時はいいのですが、少しキシキシ感が残る仕上がりとなりました。

乾燥肌No.1 肌研
No.2 ファンケル
No.3 無印良品
肌研はヒアルロン酸化粧水特有のベタベタ感が、持続性の高いうるおいを与えてくれます。
ファンケルは、付けてすぐは潤いますが、保つには乳液やクリームなどでの保湿がマスト。
無印良品は、ファンケルよりサラサラしていて保湿力が物足りません。単品だと肌がつっぱるので高保湿乳液・クリームの重ねづけ必須です。

美白したい人にはNo.1 ファンケル
No.2 肌研・無印良品
どれも一度で実感できるような大きな美白効果はありません。ですが、透明感に即効性があるのは、ファンケル。
肌研・無印良品はノーマルな化粧水とさほど変わらない仕上がりです。

そのた
・浸透が早く仕上がりもサッパリ・化粧ノリにも影響しない・・・朝バタバタしがちな人は無印良品
・日常でも旅行をしている時でも、なくなった時すぐに購入したい人・・・ドラックストアやコンビニなど手に入りやすい肌研
・美白に力を入れたい人・・・化粧液~美容液・マスクまで美白スキンケアがラインが揃っているファンケル
・ボトルが柔らかくピュッと適量を出しやすい・・・使いやすさ重視の人は無印良品・ファンケル

比較

karakuti総合的に見ると、ファンケルが高評価!
個人的に、タイプなテクスチャーは無印良品でした。新鮮なお水のようなみずみずしさ・・刺激もないので肌が過敏な時に使いたいですね♪

3本ともクセのない使用感や手に入りやすさが最大の魅力です。
「今すぐに効果が欲しい!」という人でなければ気長に使ってみて、どう肌が変化していくのか試すのもアリです◎

どの商品にも言えますが、あくまでも化粧水は肌のベースを作るものであって、このあと付けるもので肌の仕上がりも大きく変わります。それぞれの肌悩みに合う美容液や乳液、クリームなどを選び、組みあわせ良く使っていきましょう♡

《商品一覧》

imageファンケル
無添加ホワイトニング化粧液Ⅱしっとり
30ml/1,836円(税込)
美白1ヵ月実感セット:1,830円(税込)
→ファンケル公式オンラインショップ

 

〔この商品は販売終了しています。〕

image無印良品
敏感肌用 薬用美白化粧水
200ml/1,333円(税抜)
→無印良品公式オンラインショップ

 

image肌研
白潤 薬用美白化粧水
170ml/オープン価格
→肌研公式オンラインショップ